斜陽

斜陽 - 太宰治 | Gracelutheranbtown.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください gracelutheranbtown.org.

情報

著者
太宰治
寸法
8,32 MB
ファイル名
斜陽.pdf
ISBN
6907823092560

説明

没落していくある貴族の家庭を描いた太宰治の代表作の一つ。「人間は恋と革命のために生まれてきたのだ」いつまでも悲しみに沈んではおられない。かず子は戦闘を開始する。「斜陽族」という意味の言葉を生みだすほどの影響力があった作品。日本版「桜の園」。※読みやすくするため現代の言葉に近づけてますが、作品の性質上、そのままの表現を使用している場合があります。

著者 ... 太宰治の小説「斜陽」は太田静子の日記が基になっていることは周知の通りである。 本項では、滋賀県の医師で資産家の太田家に生まれ、上京して結婚、出産するが子供は生後 直ぐに死亡し離婚、太宰に出会い、太宰の子を産み、育てた太田静子の波乱の人生を辿る。 斜陽. 「僕は恥ずかしさのために死にそうです」。.

毎週月曜日/午後10時25分~10時50分 <再>水曜日/午前5時30分~5時55分、午後0時00分~0時25分(Eテレ). トップ ... 斜陽 (新潮文庫) (日本語) 文庫 - 2003/5/1.

関連書籍