東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで

東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで - 保阪正康 | Gracelutheranbtown.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください gracelutheranbtown.org.

情報

著者
保阪正康
寸法
4,26 MB
ファイル名
東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで.pdf
ISBN
8833364946688

説明

長州閥に陸軍を追われた父の無念を胸に、軍内抗争をかいくぐった陸軍軍人・東條英機は首相の座に就いた。そして日米開戦を数日後にひかえた昭和十六年十二月の某夜、彼は官邸別館でひとり号泣していた。その涙は何であったのか? 東條英機への嫌悪感を心に抱きながらも、自らの生理感覚を解明することが、戦後民主主義の脆弱さの克服への道だという視点から、新発見資料と関係者への徹底取材をもとに、昭和史最大の「悪役」として葬り去られた男の六十四年の軌跡を克明に検証する。
関連書籍