柳 美里 自選作品集 第一巻 永在する死と生

柳 美里 自選作品集 第一巻 永在する死と生 - 柳美里 | Gracelutheranbtown.org PDF、TXT、FB2。 ePUB。MOBI。 この本は2021年に書かれました。冊の本を探してください gracelutheranbtown.org.

情報

著者
柳美里
寸法
4,93 MB
ファイル名
柳 美里 自選作品集 第一巻 永在する死と生.pdf
ISBN
8710629574309

説明

福島県南相馬市小高に住む作家・柳美里の名作が収録された自選作品集を全六巻で刊行。 第一弾『柳美里 自選作品集 第一巻 永在する死と生』 ミリオンセラーとなり多くの反響を呼んだ「命」四部作――「命」「魂」「生」「声」を収録。妻ある男性との恋愛と妊娠。 出産、育児。最愛の人、東由多加との闘病。 克明に記された衝撃的な事実と感情の機微。 生まれる命と失われる「命」。 翻弄される著者自身の「生」――。 運命のように引き寄せられていく登場人物たち。医者、編集者、作家……実名で綴られた、その激しいストーリーは一時も読む者の心を掴んで離さない。 巻末には、解説にかえて親友でもある女優・斉藤由貴の手記を収録。 「柳さんへの手紙」と題した言葉が胸に突き刺さる。柳さん。 命には意味がある? 魂って、何? 生はどうやって紡いでいったらいい? 声は……聞こえた? 柳さん。私には、わからない。 答えなんて、出ない。 柳さんは……何かを見つけた? <第一巻あとがきより抜粋>
関連書籍